ベース型に似合うフレーム

「ボストン型」フレームで優しい印象に

「ベース型」と言われる顔型は、エラが張っていて、顎先がシャープという特徴があります。アクティブで覇気のあるイメージを与えることができると言われていますが、中には自分の顔型をコンプレックスと捉えている人もいるかもしれません。ベース型の輪郭をカバーしたい時に便利なのが、メガネです。メガネは視力を矯正するための器具ですが、顔の印象を変えることができるファッションアイテムでもあります。ベース型の人にお勧めなのが「ボストン型」のメガネフレーム。ボストン型フレームの特徴は全体的に丸みがあり、縦幅が少し広めに取られているということです。ソフトなフォルムがベース型の輪郭の角ばった印象を和らげ、優しげな雰囲気を醸し出すことができます。

ボストン型以外で似合うフレームは?

ボストン型以外では、「オーバル型」と呼ばれるフレームタイプもお勧めです。オーバル型フレームの特徴は、角がない楕円形をしているということ。滑らかなフォルムのため、ボストン型と同様、角ばった顔の印象をソフトなものに変えることができます。また、まん丸な形が特徴的な「ラウンド型」もベース型の輪郭にはピッタリ。個性を出したい人には特にお勧めです。このように、ベース型の顔には基本的に、曲線的なメガネフレームが似合うとされています。逆に「スクエア型」などの四角いフレームは、ベース型の顔を更に角ばって見せる原因となるため、あまりお勧めできません。メガネ一つで顔の印象はガラリと変わるので、自分に自信を持てるようなメガネフレームを選びましょう。

視力検査を行う際に使う特殊な眼鏡は検眼枠という名前で呼ばれています。様々な頭の大きさや形に対応できることが特徴です。