面長に似合うフレーム

面長な輪郭に似合うメガネの選び方

メガネは顔の印象を大きく左右するアイテムです。選び方のポイントを抑えて適切なメガネを選べば、面長な輪郭をカバーすることもできます。面長な人がメガネを選ぶときの重要なポイントは「縦の長さを強調しない」ことです。人はメガネをかけたときに、フレームのラインを境に顔が上下に分かれて見えます。メガネから下の部分が長いと面長が強調されてしまうので、下の部分が短く見えるようなメガネを選ぶ必要があります。そのためにはレンズの縦幅が広いメガネを選びましょう。レンズの縦幅が広ければフレームの下のラインが低い位置にくるので顔の面積を狭く見せられます。さらに、フレームが太めのものを選ぶとより縦の長さを短くできるのでおすすめです。

面長な人が避けるべきメガネのフレーム

面長な人に似合うメガネがあるのと同様に、面長な人が避けるべき似合わないメガネもあります。ポイントを間違えると面長をより強調してしまうので気をつけましょう。フレームによって顔が上下に分かれて見えるという観点から避けるべきメガネは、ハーフリムのメガネです。ハーフリムとはレンズの上部にだけフレームがついているメガネです。顔の上下を分けるフレームが上部にしかついていないので、眉のあたりでラインが引かれて、そこから下を顔の下半分として見られてしまいます。顔の長さが強調されてしまうので避けたほうが良いでしょう。また、横長で楕円形のオーバルタイプのメガネは縦幅が短いぶん、縦のラインをカバーできないのでおすすめできません。