スマートな雰囲気

顔の形に合うメガネを選ぶ

スマートな印象を与えられるメガネを選びたいからと、デザインばかりに気を取られてしまうのは良くありません。メガネは顔の形で相性が変わってくるため、どんなにステキなデザインでも、顔型との相性がミスマッチですとメガネの魅力を引き出しにくく、スマートな印象も与えられない場合があるのです。例えば丸顔の人がラウンド型を選ぶと、優しい雰囲気が強まるというメリットがありますが、カジュアル過ぎてスマートさに欠けることもあります。シャープなスクエア型ですと全体が引き締まって見え、スマートな印象も与えやすくなるでしょう。このように顔型を踏まえて選択することでイメージする印象を生み出せますので、デザインだけでなく自分の顔のタイプも考えながら選択するのがおすすめです。

スマートさに欠かせないバランス感

メガネをスマートに装着するには、バランスを意識したチョイスも欠かせません。バランスを損なうと顔への馴染みが悪くなり、メガネが浮いた印象になってしまいます。まず縦幅については、眉からアゴの先端までの、3分の1以内に収まるのが良いとされています。幅が狭いと長さが強調され、広いと顔が短く見えがちです。続いて横幅は、顔幅と同じくらいが理想的です。サイズの大きい方が小顔効果があるとして選ばれることもありますが、のっぺりとした印象となりそれほど小顔に見えなかったり、スマートさに欠けたりしますので安易に大きめを選ぶのは要注意です。眉頭の角度と、トップリムのアーチを揃えるのもポイントです。眉毛とフレームの一体感が高まりスマートな印象を与えやすくなるでしょう。そのほか、アイポイントも重要です。黒目の位置のことですが、レンズ中心からやや上、なおかつ、やや内寄りにくると収まりよく見えますよ。